米粉のまち 新潟県胎内市

胎内市は微細米粉発祥の地! 日本で初めての微細米粉専用製粉工場が建設され、米粉の品質は日本一を誇ります。

◇米粉のまち・胎内の米粉情報◇


米粉の新商品情報
米粉の新メニュー・新商品が新しく発売されました!

米粉ぐるめ食べ歩きMAP
胎内市内で米粉グルメを食べることができるお店のマップです

米粉オンラインショップ「米粉らいふ」
胎内の米粉商品を販売するオンラインショップです

「たいないべえべえ」ってなぁに?
胎内で誕生した米粉のご当地料理のご紹介です

乙中学校の米粉調理実習③

乙中学校3年生の米粉を使った調理実習も
今回で最後となりました。

今回は米粉ピザを作ります。
PB207014




作り方

ボールに米粉、コーンフレーク、
片栗粉、塩を入れ水を少しずつ
加えよく混ぜます。

コーンフレーク

実は、コーンミールを
使う予定でしたが、
スーパーに売っていない
ということで、
代わりにコーンフレークを使いました。
コーンフレークは粉々にして使用します。
PB206993
「これピザじゃないよなぁ…」
という声がっ

それは気にせず、
次はフライパンに油をひき、
生地を玉じゃくしで2杯ほどいれ
中火で両面を焼きます。
PB206994
パリパリの食感を出すため
両面を焼きます。
ひっくり返すと…
PB207001
「やっぱりピザじゃないよな~!」
と、生徒たち。
私もお好み焼きのように見えました…



生地が焼けたらトマトソースをぬり、
具材をのせとろけるチーズをのせます。
PB207008
具材をトッピングしたら
ピザに見えてきましたね~


ふたをして、中火で5分焼いたら
出来上がりです。
PB207015
ボリュームのある
美味しそうなピザが焼けました!

PB207018
お味のほうは~?
「美味しいです!外はカリカリで
中は…表現できないような食感です!」
やはり、コーンフレークが
入っているので食感がピザと
少し違うのかも知れません(笑)
みんな2切れペロリと食べていました

乙中学3年生の今年度の
米粉を使った調理実習は
これで終わりですが、
これをきっかけに
ぜひ家庭でも米粉を
取り入れてもらえたらいいですね。

ありがとうございました



米粉ピザ

材料(2枚分)

米粉 100g
コーンミール 40g
片栗粉 20g
塩 1g
水 230ml
トマトソース 適量
好きな具材(ハム、コーン、
ピーマンなど)
とろけるチーズ 適量
油 適量

中条高校で米粉についての授業②

中条高校3年生が選択授業で、
「胎内市の米粉の普及活動」
について学んでいます。

前回のブログでは、
胎内市観光協会の須貝局長が
胎内市の米粉活用について
講義した様子を紹介しました。

2回目の授業は、
実際に米粉を使った料理に挑戦!
ということで、
べえべえシスターズの近さんが
講師として登場し、
胎内市オリジナルの米粉グルメ
べえべえの作り方を教えました。
PB086248

べえべえは米粉と水、砂糖と塩だけで
簡単に作れます!
PB136626
簡単といっても、
実際に作ったことのない生徒が
ほとんどなので、
今回作り方を覚えて
3回目の授業では自分たちの考えた
オリジナルべえべえを
作ってもらいます。



作り方

鍋に米粉20g、水200ml
塩、砂糖を入れてまぜます。
米粉が水に溶けたら
火にかけてかきまぜます。
PB136632

ふつふつとしてとろみが出てきたら
火を止めボウルに移して冷まします。

残りの米粉200gと水300mlを
ボウルに加えて、よくまぜます。

テフロン加工のフライパンに
サラダ油を薄くひいてふきとり、
お玉8分目ぐらいの
生地を流しいれて焼きます。
PB136666
フライパンを動かし
生地が動くようになったら
うら返します。
PB136663
みんな近さんの教えたとおりに
作っていたので、
とってもきれいなべえべえが
焼けていました

クッキングシートの上に
生地をのせて、
お好みの具をトッピングし
好きなように巻いて
できあがりです。
PB136696
女子はこういうのが得意ですね!
みんな楽しそうにトッピングを
していました。
PB086276
今回はあんこやホイップクリーム、
マシュマロなどを使って
スイーツ系のべえべえを作りました。

PB136700
次回は生徒たちが自分たちで
べえべえにまく具材を考えて
オリジナルべえべえを作ります!
どんなべえべえが出来上がるか
今から楽しみです
PB136703



べえべえ
材料(約12枚分)
米粉 220g
水 500ml
砂糖 6g
塩 4g
お好みの具材 適宜

中条高校で米粉についての授業①

中条高校3年生が選択授業で、
「胎内市の米粉の普及活動」
について学んでいます。

講義
基本のべえべえを作ってみよう!

オリジナルべえべえを作ろう!

の3回に分けて2クラスの生徒に
胎内市観光協会の須貝局長、
べえべえシスターズの近さんが
現在授業を行っています。

1回目の講義では、
胎内市観光協会の須貝局長が
胎内市の米粉活用の取り組みに
ついて紹介しました。
PB076134

米粉のまちたいないという
イメージが広まるまでの
道のりについてや、
米粉グルメのべえべえや
べえべえシスターズの活動
について等々…
PB076127

そもそもどうして胎内市が
米粉のまちなのか?
それは、
新潟県が技術開発した
微細米粉製粉の実用化に向けて、
胎内市(旧黒川村)が
新潟製粉株式会社を
設立したのがきっかけです。
胎内市は日本で初めて
微細米粉専用の製粉工場ができました。
そして市や市民がともに
米粉のまちづくりを行い、
米粉を活かした地域活性化に
取り組んでいます。

でも、実際のところ米粉は
広まっていないのが現状です。
知っていても、家庭では使わない・・・

若い世代から広めていってほしい!

ということで、
次回は実際に米粉を使った料理に
挑戦します!

米粉の生地に好きな具材を挟んで
クレープのようにして食べる
胎内市オリジナルの米粉グルメ
「べえべえ」を作ります。
その様子は次回のブログで

月別記事