米粉のまち 新潟県胎内市

胎内市は米粉発祥の地! 日本で初めての米粉専用製粉工場が建設され、米粉の品質は日本一を誇ります。

◇米粉のまち・胎内の米粉情報◇


米粉の新商品情報
米粉の新メニュー・新商品が新しく発売されました!

米粉ぐるめ食べ歩きMAP
胎内市内で米粉グルメを食べることができるお店のマップです

米粉オンラインショップ「米粉らいふ」
胎内の米粉商品を販売するオンラインショップです

「たいないべえべえ」ってなぁに?
胎内で誕生した米粉のご当地料理のご紹介です

乙中学校の米粉料理教室 その③

乙中学校3年生が
家庭科の授業で自分の食生活について
考える「生活の課題と実践」で、
米粉の調理実習を行っています。

その様子をその① その②
お伝えしましたが、
今回は煮るをテーマに
ホワイトシチューを作ると聞き、
見学に行ってきました。

RIMG6998
作り方は、じゃがいも、にんじんは、皮をむき
厚さ1cmのいちょう切りにする。
鶏肉は1,5cm角に切り、塩、コショウする。
しめじは小房に分けます。
RIMG6991

RIMG6994

鍋に油とバターを入れて、
米粉をまぶした鶏肉を入れて
焦げ目がつくまで1~2分焼きます。
にんじん、じゃがいも、しめじをいれ
軽く炒めて水を入れ、煮立ったらあくをとり、
ふたをして弱火で7分ほど煮ます。

RIMG7004

牛乳を加え、煮立ったら
米粉の水溶きを加えます。

RIMG7005
最後に塩で味を調えて完成です。
RIMG7007

最後はみんなでいただきます!
米粉はきめが細かいので
ダマになりにくく、
牛乳と合わさってまろやかでした
鶏肉の香ばしい味がして
とっても美味しかったです
ホワイトシチューは初心者でも
短時間で作れるので、おすすめです

乙中学校3年生が調理法5法を使った
米粉の調理実習は今回で5回目でした。

回を追うごとに、慣れた手つきで
調理を行っていて、
さすが3年生だな~と感心しました

米粉の調理実習を通して、
米粉の良さを更に知ってもらえれば
いいですねっ

マナマナ

にこ楽・胎内 冬のイベントが開催されました!

昨年の12月26日ににこ楽・胎内にて、
冬のイベントが開催されました。

DSCF0117

来てくれた人が心も体もあったまるような
楽しいことをしたいね!とのことから、
「にこ楽で気楽に楽しもう!冬のイベントを☆彡」を
テーマに、市民が企画員となり
イベントを開催しました。

じゃんけんゲームや
こまづくり体験、みんなのお茶やなど
様々なコーナーを60人の参加者が体験しました。

DSCF0113

べえべえ作り体験コーナーでは
自分で生地を焼き、にこ楽・胎内で
収穫したサツマイモなどを包んで食べました。

DSCF0147

胎内市の子どもたちは
べえべえ作りを何度か経験している子が
多いので、上手に焼けたかな?

DSCF0163

いろりで焼き体験コーナーでは、
東屋のいろりでスルメやもちを
焼く予定でしたが、
天候不良により調理室で楽しみました。

来てくれた人みんなが
心も体もあったまる、楽しいイベントでした


公民館まるごとクリスマスで米粉のカップケーキ作り!

12月9日
中央公民館で開催された
公民館まるごとクリスマスの中の
教室の一つとして、
胎内市特産の米粉を使った
カップケーキ作りが行われました
その様子が届いたのでお見せします。

米粉

講師は市の管理栄養士、
レシピは胎内アウレッツ館の
浅野さん監修です。
参加者一人あたりプレーン生地を2個、
ココア生地を1個作って、
デコレーションをしました。

今回の参加者は午前・午後ともに20名で、
申し込みが始まってから30分もたたないうちに
定員に達したそうですっ
ほとんどが小学生でしたが、
中学生や親子での参加もありました。


図として保存2




材料と作り方

プレーン生地(10個分)
無塩バター 100g、 サラダ油 10g、 グラニュー糖 130g
卵(L) 2個、 米粉(薄力粉タイプ) 200g、 ベーキングパウダー 小さじ2
牛乳 80cc 、 ゆずの皮のすりおろし 少々

ココア生地(5個分)
無塩バター 60g、 サラダ油 5g、 グラニュー糖 70g
卵(L) 1個、 米粉(薄力粉タイプ) 90g、 ココア(無糖) 10g
ベーキングパウダー 小さじ1、 牛乳 40㏄、 ゆずの皮のすりおろし 少々

ボールに常温でやわらかくしたバターとサラダ油をいれ、
泡立て器でクリーム状になるまで混ぜます。
そこにグラニュー糖を2~3回に分けて加えます。
白っぽくふんわりするまで混ぜるのがポイントです!

次に卵を溶きほぐし、半分ずつ加えて生地が
なめらかになるまでよく混ぜます。
牛乳を半分ずつ加えて混ぜます。
米粉とベーキングパウダー(とココア)の半分を
ふるいながら加え、泡立て器で粉っぽさが
残らないように混ぜます。

残りの牛乳も少しずつ加え、生地をのばすように混ぜます。
残りの粉もふるいながら加え、粉っぽさがなくなり
生地がしっとりしてなめらかになるまで混ぜ合わせます。

できた生地はカップケーキの型に6~7分目を目安にいれます。
170℃にあたためたオーブンに入れ、20~25分位焼きます。
表面にうすい焼き色がついたらできあがりです。
この日は生クリームやメレンゲ菓子、
アラザン、チョコチップ等でデコレーションをしてもらいました。

材料に薄力粉ではなく米粉を使用すると、
糠くささがあるため、今回は柚子の皮をすりおろしたものを
最後に加えました。
果汁よりも皮の方が香りが強くて効果的なのだそうです。
その他レモンやオレンジの皮でも代用できます。



このカップケーキは材料を順番に混ぜていくだけで
とても簡単なので、ぜひ親子で作ってみてください!
そして、デコレーションを楽しんでくださいね



月別記事