前回の記事
に続き、今回も乙中学校3年生の
米粉調理実習の様子をお伝えします!

RIMG6741


今回の調理実習は、焼くをテーマに
いも餅を作ります。
いも餅は北海道で昔から
食べられているお菓子です。


作り方は、じゃがいもを茹でて皮をむきます。
皮をむいたじゃがいもを潰し、
米粉とよく混ぜます。
RIMG6725

RIMG6728

粘りが出るくらい混ぜたら、
塩を一つまみ入れます。
一つにまとめて、体重をかけるようにして
掌で押します。
食べやすい大きさに分けて、
お団子のように丸め、押して平らにします。
フライパンに油を入れて、いも餅を並べて焼きます。

RIMG6732

両面焼けたら醬油をたらします。
じゅわ~っと醬油の焦げた
いい香りがしました

RIMG6739

余った米粉で作ったゴマ団子も添えて、
いも餅の完成です!

口の中に入れると、
外はかりっとして、中はお餅よりもやわらかく、
ふわっとした新しい食感!
醬油とじゃがいもの味がしっかりついていて、
と~っても美味しかったです
もう何個でも食べられそうっ!
いも餅は腹もちもよく、
子どものおやつにぴったりですね。
簡単に作れるので、
私もお家で作ってみたいと思います!

乙中学の生徒たちはみんな仲良しで、
たまにふざけながら楽しそうに
米粉の調理実習を行っていました。

生徒たちは、米粉の調理実習を
何度か行うことで、米粉の特徴を
掴んできたのではないでしょうか。

乙中学校の米粉調理実習。
またお邪魔させていただきま~す!

いも餅レシピ

材料・分量(8個分)
じゃがいも 大1個
米粉 40g
塩 少々
醬油 少々



マナマナ